不在者財産管理人が必要なとき

法定相続人の中に、行方不明者がいる場合には
遺産分割による相続登記はできません。

行方不明とは、音信不通なだけでなく住民票上の住所に居住しておらず、
まさしく行方が分からないと言う状態のことです。

この場合、不在者財産管理人の申立を家庭裁判所にします。
法定代理人は遺産分割協議の際に当事者となるため、
管理人にはなれません。

管理人が選任されると、遺産分割協議を法定相続人と管理人とで
行いますが、管理人は不在者の代理人なので家庭裁判所の許可を
得てから遺産分割協議を行います。

遺産分割協議をせずに不在者の財産管理をする場合には、
法定相続人でも管理人になることができます。

相続の裁判手続きについて詳しくこちらご覧ください



遺言書の検認

相続放棄・限定承認

未成年者特別代理人

相続財産管理人

不在者財産管理人