保証債務に注意 被相続人の負債もすべて対象

被相続人が借主となっている場合には、返済が滞ればすぐに督促が
来るので、生前に借金について被相続人から聞いていなくても比較的
容易に知ることができます。

しかし、保証債務は、主たる債務者が払えなくなった時に初めて
請求されるものですので、相続開始時から何年も経ってから請求が
来ると言う可能性もあります。

法律上、相続放棄は自己に相続のあったことを知った時から3ヶ月以内に
相続放棄か限定承認をしなければ単純相続になると規定しています。

この条文だけを見ると、相続開始時から3ヶ月以上経過してから
借金が発覚すれば相続放棄できないように思えますが、裁判実務は
もっと血が通った運用をしています。

最高裁の判例で、以下のようなものがあります。
少し長いですが主要個所をそのまま引用します。
「相続人が相続開始の原因たる事実及びこれにより自己が法定相続人と

なったことを知った時から3ヶ月以内に限定承認又は相続放棄をしなかった

場合でも、それが被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたため

であり、かつ、被相続人の生活歴、被相続人と相続人との間の交際状態

その他諸般の状況からみて、当該相続人に対し相続財産の調査を期待する

ことが著しく困難な事情があって、相続人において右のように信ずること

について相当な理由があると認められるときは、本条1項所定の期間は、

相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識した時又は通常これを

認識しうべかりし時から起算すべきである。」

このように、相続があったことを知ったでけでなく、その後に多額の
借金の存在がわかった場合も、その時点から3ヶ月以内であれば相続放棄や
限定承認はできる場合があると最高裁は判断しています。

ただし、民法では、「こういう行為をしたら普通相続すると
同視できますね」という法定単純承認という規定がありますので、

3ヶ月を過ぎて相続放棄をしても必ず認められるわけ
ではないので注意が必要です。

それでも、3ヶ月を過ぎた相続放棄でもできる可能性がありますので、
そのような場合はお早めにご相談ください。


相続放棄について詳しくはこちらをご覧ください。

相続放棄と限定承認

相続放棄に必要な書類

相続放棄と生命保険金

保証債務に注意


a:778 t:1 y:0