株式・国債の名義変更

株式の名義変更についてはその株式が上場株式か否かで手続きが変わります。
順番に見て行きましょう。

上場株式の名義変更

上場株式の場合は、保管振替制度を利用しているケースが大半です。

保管振替制度とは、証券会社の手続きを通じて証券保管振替機構に
株式を保管させ、株式の売買に伴う受け渡し等の手続きを簡易・迅速化
する制度です。いわゆる、「保振(ほふり)」です。

この制度を利用している場合、証券会社に所定の書類を提出して
手続きをすれば大丈夫です。
株式を発行している会社に連絡する必要はありません。


非上場株式の名義変更

非上場株式の場合、株主が誰であるかの管理はその会社で
行っているため、会社に連絡して名義変更が必要です。

会社ごとに必要書類が異なる場合もありますので、直接会社に
問い合わせる必要があります。


国債の名義変更

国債の名義変更は、その国債を購入した金融機関で手続きを
することになります。

ゆうちょ銀行で購入していればゆうちょ銀行ですし、その他の銀行で
あれば購入した先の銀行で手続きをすることになります。


相続財産の名義変更の各手続きについて詳しくは、こちらをご覧ください。


不動産の名義変更(相続登記)

相続不動産の売却に関して

預貯金の名義変更

株式・国債の名義変更

自動車の名義変更


a:809 t:1 y:0