法定相続と相続分

相続が発生すると、誰が相続人であるかの特定が必要です。
相続人には順位があります。
以下で簡単に挙げてみます

順位相続人相続分
第一順位配偶者・子2分の1ずつ
第二順位配偶者 ・直系尊属3分の2・3分の1
第三順位配偶者・兄弟姉妹4分の3・4分の1


  • 配偶者は必ず相続人となります。
    養子も実子と同じ相続分です。
    直系尊属は、子がいない場合に相続人になります。
    兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合に相続人となります。
  • 内縁の妻や、離婚後の配偶者は相続人にはなりません。
    認知を受けていない非嫡出子も相続人にはならない等、
    相続人の確定も意外と難しい場合もあります。
    相続は、遺言書を予め用意しておくことで後の紛争を防ぐことが
    できるケースが多いです。

   相続発生前から揉めることが予想される場合、遺言書を事前に
   作成しておくことをお勧めします。


   遺言書の種類について