生前の対策

次のことに該当すると、生前の対策は必要

生前の相続財産についての対策は、どのような時にするのでしょうか?
以下に該当する場合、生前に何らかの対策が必要になります。

□相続財産が不動産ばかりで預貯金は少ない

□推定相続人の数が多い

□推定相続人の仲が悪い

□推定相続人の中に行方不明者がいる

□相続人が一人もいない

□内縁の妻(夫)に財産をあげたい

□特定の相続人に多くあげたい

□自分の面倒を見てくれた、子供の嫁または婿にも相続財産をあげたい

□再婚しており、前妻の子と後妻の子が両方ともいるなど家族関係が複雑

□相続人以外の人にも財産をあげたい

□子供がおらず、配偶者にすべて相続させたい

□相続財産が多く(少なく)相続人間で揉めることが事前にわかっている

□家業を継ぐ者がいる

生前の対策は大きく分けて3つ

上記のいずれかに該当する場合は何らかの生前の対策が必要です。
では、生前の対策とは具体的にはどのような事をするのでしょうか?

生前の対策としては、大きく分けて3つあります。

1.相続財産の名義は現時点では変えないが、死亡時に変わるようにしておく
遺言書の作成及び遺言執行者の選任

2.相続が発生する前に自分で名義変更しておく
生前贈与

3.代理人を立てて相続の前後で適切に管理してもらう
任意後見・死後事務委任契約




生前の対策について、詳しくはこちらをご覧ください。

遺言書の作成及び遺言執行者の選任

生前贈与

任意後見・死後事務委任契約


a:648 t:1 y:1