生前贈与

生前贈与とは?

生前贈与とは贈与者が死亡する前に自分の財産を推定相続人や
その他の人に贈与スルことです。

一般的には、相続税の対策として今保有している財産を減少させ、
相続財産を減らすために行われます。
しかし、生前贈与をする際には何点か注意点があります。

[check]そもそも相続税がかからなかった

[check]実は相続税よりも贈与税の方が高かった

[check]生前贈与から3年以内に被相続人が亡くなると、結局相続財産として加算されてしまう

[check]相続時に相続人間でもめないような配慮をする

1年間110万円までの贈与については、基礎控除があります。
つまり、1年間である特定の人に110万円まで贈与しても
贈与を受けた人(受贈者)は贈与税を払わなくても良いのです。

しかし、それも毎年110万円の贈与を10年も20年も続けていると
税務署から、最初から多額の贈与をするつもりで、110万円に

分けているだけと判断されて結局贈与税を納めるように言われる
可能性もあります。

贈与税は税率が非常に高いので、課税されると多額の贈与税を
納付しなければなりません。

生前贈与を行う際には、贈与契約書をしっかり作成する、
あえて贈与税がかかる額の贈与を行い贈与税を納付すると言った
方法がありますが、税理士に相談してから実行することをお勧めします。

税理士の知り合いがいない方は、ご紹介もいたしますのでご相談ください。

暦年贈与のほかに、相続時精算課税制度や住宅購入資金用贈与の
非課税制度もあります。

相続税がかからない世帯であれば、相続時精算課税や住宅購入資金
としての贈与は有効な場合もあります。
詳しくはこちらをご覧ください。
暦年贈与と相続時精算課税