相続放棄 相続放棄が必要なケース


父が死亡し、法定相続人が配偶者Aと子Bの場合で、明らかに負債の方が多い事例を考えてみましょう。



何の手続きも取らず、相続があったことを知った日から3ヶ月間
経過すると単純相続となり、父の負債をABは相続し、
返済の義務が生じます。

しかし、相続放棄をして裁判所に受理されると、プラスの財産も
相続できない代わりに負債の相続も免れます。
明らかに負債の方が多い場合には相続放棄をすべきです。

ABの相続放棄により、次順位の相続人が相続人になります。
父の直系尊属がいる場合にはその方が相続人となり、
また相続放棄をすれば次順位の兄弟姉妹が相続人となります。

相続放棄をすると、相続人が直系尊属や兄弟姉妹になる
場合があるので、事前または相続放棄後にその人たちに
連絡して相続放棄を勧めてください。


相続放棄の法的な効力

相続放棄をした人は、最初から相続人でなかった事になります。
そのため、相続放棄があると次順位の法定相続人に順位が
下りて行きます。

法定相続人の順位については、こちらをご覧ください。
 法定相続人と相続分

お早めにご相談ください

相続放棄は、自己に相続があったことを知ってから3カ月以内
にする必要があります。

相続発生後3カ月と言うのは、長いようで短いので、明らかに
マイナスの方が大きいと思う方は、少なくとも相続発生後2ヶ月
以内にご相談ください。

また、3ヶ月が経過してしまった場合でも、あきらめずに
できるだけお早めにご相談ください。


相続放棄について詳しくはこちらをご覧ください。

相続放棄と限定承認

相続放棄に必要な書類

相続放棄と生命保険金

保証債務に注意


a:619 t:1 y:0