相続放棄・限定承認

相続財産はプラスの財産だけとは限りません。
もし、プラスとマイナスでマイナスの方が圧倒的に多いなら
相続放棄をすべきです。

相続の手続きは3種類です。

  • 単純承認 相続が開始したのを知った時(通常は被相続人の死亡時)から
         3ヶ月間何もしなければこれになります。
         いわゆる通常の相続です。
  • 限定承認 相続によって得た財産の範囲で負債を弁済して、
         プラスの財産が残ればそのまま相続できます。
         3ヶ月以内に家庭裁判所への申し立てが必要です。 
  • 相続放棄 相続する負債が相続財産を明らかに上回っている場合に
         利用します。この手続きをとれば、借金の返済を被相続人の
         債権者から迫られることはありません。 
         最初から相続人でなかった扱いとなりますので、
         次順位の相続人が相続人となります。
         3ヶ月以内に家庭裁判所への申し立てが必要です。

このように、期限付きの手続がありますので、相続が発生した時点で
相続財産の分割や処分の方法を考えておく必要があります。

相続放棄について

相続放棄をした人は最初から相続人でなかった事になります。
そのため、相続放棄があると次順位の法定相続人に順位が
下りて行きます。

父が死亡し、法定相続人が配偶者Aと子Bの場合で、
明らかに負債の方が多い事例を考えてみましょう。

何の手続きも取らず相続があったことを知った日から3ヶ月間
経過すると単純相続となり、父の負債をABは相続し、
返済の義務が生じます。

しかし、相続放棄をして申述が受理されるとプラスの財産も
相続できない代わりに負債の相続も免れます。
明らかに負債の方が多い場合には相続放棄をすべきです。

ABの相続放棄により、次順位の相続人が相続人になります。
父の直系尊属がいる場合にはその方が相続人となり、
また相続放棄をすれば次順位の兄弟姉妹が相続人となります。

相続放棄をすると、相続人が直系尊属や兄弟姉妹になる
場合があるので事前または申述が受理されたらその人たちに
連絡して相続放棄を勧めてください。

相続放棄に必要な書類

相続放棄に必要な書類は以下のとおりです。

[check]被相続人の死亡の記載のある除籍謄本
[check]被相続人の住民票除票または戸籍の除附票
[check]申立人の戸籍謄本
※被相続人の戸籍は、相続放棄する相続人が子・直系尊属・兄弟姉妹
であるかで変わってきます。
直系尊属と兄弟姉妹の場合、出生から死亡までの戸籍が必要です。


相続の裁判手続きについて詳しくこちらご覧ください

遺言書の検認

相続放棄・限定承認

未成年者特別代理人

相続財産管理人

不在者財産管理人


相続放棄について詳しくはこちらをご覧ください。

相続放棄と限定承認

相続放棄に必要な書類

相続放棄と生命保険金

保証債務に注意


a:883 t:1 y:1