相続税と贈与税

生前の対策とも関連してきますが、贈与税と相続税の関係について
知っておくことは大切です。

相続税は、相続時に基礎控除を超える分について税金をかけると
言うものですが、そう考えると相続時に財産がなければ税金を
払わなくて良いと考える人が出てきます。

そこで、生前に多額の財産を贈与した場合には贈与税をかけます、
と言う形で税金を課します。これが贈与税です。

つまり、贈与税は相続税を脱法的に逃れようとするのを防ぐために
設けられている税金です。

この考え方に基づくと、相続税がかからないのであればわざわざ贈与税が
かかるような贈与はしない方が税金の面からはお得な気がします。

しかし、税金を多少支払ってでも生前に贈与しておいた方が
紛争防止の面からも有効な場合もあります。

相続については、税金面だけを重視し過ぎても
いけませんし、財産の承継だけに目を奪われてはなりません。

結局はバランスが重要と言うことになります。

贈与税には特別控除があります

結婚してから20年が経過した夫婦間での居住用不動産の贈与については、
2000万円までの配偶者控除があります。

また、住宅取得資金の特別控除もありますので、相続税がかからない
家庭でも、生前に贈与しておく必要がある場合にはこのような制度を
利用することができます。


相続税について詳しくはこちらをご覧ください

相続税の基礎控除

相続税の計算は難しい

相続税早見表

相続税と贈与税

暦年贈与と相続時精算課税


a:639 t:1 y:0