相続財産の確定 相続財産についての調査

相続人の確定ができれば、次に遺産相続する財産について
調査しなければなりません。

相続財産として多いものは、以下の財産です。

[check]現金・預貯金
[check]不動産
[check]自動車
[check]株式・国債等の有価証券
[check]生命保険金(被相続人を受取人としているもの)


借金(負債)はどうなる?

相続財産にはプラスの財産だけでなく借金や保証債務のような
マイナスの財産も含まれます。

プラスの財産よりもマイナスの財産の方が大きければ、相続人は
借金を引き継ぐことになります。

民法と言う法律では、相続が自己のために相続の開始があったことを
知った時から3ヶ月以内に何らの手続きをしなければ、単純相続
つまり相続財産をそのままの形で引き継ぐとされています。

何の対処もしなければ、被相続人の借金まで引き継いでしまうので、
明らかにマイナスの財産の方が大きいとわかっているのであれば、
相続放棄の手続きを急いでしなければなりません。

相続発生後3カ月と言うのは長いようで短いのでもしマイナス財産の
方が多いかも…と思われる方はお早めにご相談ください。
相続放棄については詳しくはこちらをご覧ください。
 相続放棄・限定承認について


遺産相続の流れについて詳しくは、こちらをご覧ください

相続人の確定

相続財産の確定

遺産相続方法の決定

遺産分割協議

相続財産の名義変更


a:596 t:1 y:0