相続財産管理人の申立が必要なとき

身寄りのない方が亡くなり、法定相続人が一人もいない場合や法定相続人が
全員相続放棄をして、相続人が一人もいない場合には相続財産はどうなるのでしょうか?

原則として、その相続財産は国庫に帰属して
国のものとなりますが、生前に被相続人の面倒を

見ていた人がいた場合や、実は相続人が
見つかったという場合も考えられます。

そこで、この相続財産は法人扱いにして相続財産の
管理人を選任する方法があります。
それが相続財産管理人の申立です。

申立人は、利害関係人(被相続人の債権者、
特定遺贈をうけた者、特別縁故者)と検察官です。

相続の裁判手続きについて詳しくこちらご覧ください



遺言書の検認

相続放棄・限定承認

未成年者特別代理人

相続財産管理人

不在者財産管理人