自筆証書遺言を作成するなら

自筆証書遺言でも専門家のチェックを入れるだけで
内容的に無効になる事は防げます。
費用はあまりかけたくない、と言う方はこちらの方法も考えられます。

現在は、書店でも遺言書の書き方と言った本が多数出ておりますので
それを参考にして、自力でできそうであれば作成してみるというのも
一つの方法です。

ただし、自筆証書遺言は相続発生後裁判所の検認という
手続きを経なければなりません。

この手続きが、意外と手間がかかるものです。
普段から法律に詳しくない一般の方が、裁判所へ申立書類を
提出することは、心理的なハードルとしては結構高いです。

また、検認手続の書類作成や必要書類の収集を司法書士に依頼すると
結局費用がかかることになります。

相続人の余計な手間を省いてあげることを考えるのであれば、作成時に多少の
お費用がかかったとしても、公正証書遺言で作成されることをお勧めします。

当事務所では、遺言書の内容チェックや公正証書遺言の
作成サポートも承ります。


遺言書作成について詳しくはこちらをご覧ください。

遺言書の種類

公正証書遺言の作成

自筆証書遺言を作成するなら

遺言執行

遺言書作成の注意点


a:726 t:1 y:2