遺言執行

遺言書が発見され、検認手続が済んで(公正証書遺言は検認不要)内容を
確認したら、次は遺言書の内容を忠実に執行していくことになります。

遺言執行者の選任はすべき?

相続財産が多い場合や、相続人が多い場合には遺言執行者を選任すべきです。
遺言執行者とは、遺言書の内容を忠実に実行できるように遺言書に沿って
遺産分割を進める者です。

この遺言執行者は、推定相続人でもなれますが、相続人間の仲が悪い場合や
財産関係が複雑な場合には、司法書士や弁護士等の専門家を選定しておくと
安心です。

また遺言書に遺言執行者の選定がない場合でも、裁判所に申し立てて
遺言執行者を選定することができます。

被相続人が自筆証書で遺言書を残していた場合には、遺言執行者の定めが
ないことが多いですが、遺言書があっても内容的に揉める可能性が
あるときは、専門家を遺言執行者に選定した方が良いでしょう。


遺言書作成について詳しくはこちらをご覧ください。

遺言書の種類

公正証書遺言の作成

自筆証書遺言を作成するなら

遺言執行

遺言書作成の注意点


a:680 t:1 y:0