遺言書の種類

遺言書は以下の3種類です

自筆証書遺言 

自分で書けるので手軽です。
しかし、遺言には書き方について様々な制約があります。
例 ワープロ打ち × ビデオ × 
原則、全文自筆で作成しなければなりません。

当事務所では文案の作成と、作成した結果の
添削を受け付けております。
       
書式が誤っている自筆証書遺言は、結局無効になって
しまいますので、専門家のチェックをお勧めします。


秘密証書遺言 

遺言書を封筒に入れて封印をし、2人以上の証人と
ともに公証人に遺言者本人が作成したものである
ことの確認を受けます。
       
作成者は本人でも代筆でも構いませんが、
本人の署名・捺印は必要です。
       
内容のチェックがされないため、いざ相続開始、
という時に内容不備で無効になる可能性があります。


公正証書遺言 

遺言者が述べた内容を、公証人が筆記し作成します。
証人2人が必要です。

遺言書作成に公証人が関与していることや、保管が
公証役場でされることを考えると一番安全です。

遺言書作成のご相談は良く受けますが、当事務所では
最も安心・確実な公正証書遺言の作成をお勧めしています。

証人を手配することができない場合、こちらで手配可能です。

      
また、自筆証書遺言・秘密証書遺言では、相続開始時に家庭裁判所での
検認という手続きが必要ですが、公正証書遺言では不要になります。

       
自筆証書遺言及び秘密証書遺言では検認が必要です。
デメリットとしては、作成費用が他の2つより高いことですが、

相続開始時の裁判所での検認手続が省略でき、自筆証書遺言や
秘密証書遺言のように無効となる可能性が限りなく低くなります。

後の紛争防止のためにも、公正証書遺言が最適です。
作成時にかかる費用は、安心・確実性のための手数料だと
思ってください。


遺言書作成について詳しくはこちらをご覧ください。

遺言書の種類

公正証書遺言の作成

自筆証書遺言を作成するなら

遺言執行

遺言書作成の注意点


a:1057 t:2 y:0